« 早朝の短歌 | トップページ | 雑魚寝の短歌 »

俊足の短歌

笑ったり泣いたりなんかしないけど僕はあなたをにらみつけてる

五分後に何が起きるかわからない数えて待っているだけかもね

青春を3乗したら高校は3年間じゃ足りないような

海や川いろんな想い流れてて必死でつかみたくなったんだ

ありがとう繰り返してるもう二度と何もないかのように感じて

|

« 早朝の短歌 | トップページ | 雑魚寝の短歌 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540419/24622934

この記事へのトラックバック一覧です: 俊足の短歌:

« 早朝の短歌 | トップページ | 雑魚寝の短歌 »