« まっさかさまの短歌 | トップページ | ギッタンバッタンの短歌 »

なにかの短歌

ただじっと耐えてるような時だって僕にとっては最高の日々

音符など読めないけれど音楽は大好きだって自慢できるよ

お茶ばかり飲んでいるからもし生まれ変わったならば茶葉になるかも

日本語は好きや嫌いにかかわらず母国語として大事にしたい

材料が見当たらないと嘆くのは夕暮れの主婦孤高の作家

|

« まっさかさまの短歌 | トップページ | ギッタンバッタンの短歌 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540419/24172998

この記事へのトラックバック一覧です: なにかの短歌:

« まっさかさまの短歌 | トップページ | ギッタンバッタンの短歌 »