« あきらめない短歌 | トップページ | 神妙な短歌 »

しゃんとした短歌

進んでる道ははたして正しいかわからなくって途方にくれる

どうしてもどうしてもって気持ちだけ前に進んでしまうことある

記憶からいろんなものを取り去って残るものってはたして何か

笑顔だけくださいなんて言えなくて今日も余計な注文をした

安定と不安定とが入りまじり何が何だかわからない日々

|

« あきらめない短歌 | トップページ | 神妙な短歌 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540419/23984561

この記事へのトラックバック一覧です: しゃんとした短歌:

« あきらめない短歌 | トップページ | 神妙な短歌 »