« 拝む短歌 | トップページ | 洗顔の短歌 »

隣町の短歌

やばすぎるあったその日に恋におち食事がのどをとおらないまま

伝説をつくり続ける人たちも日曜だけはゆっくりしてる

不思議だと思ってたけど今ならば信じられるよ愛の存在

狙ってるあの子にふられしょげている僕をずうっと励ました君

電池ないリモコンが駄目チャンネルを手でかえるのが面倒な夏

|

« 拝む短歌 | トップページ | 洗顔の短歌 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540419/22746533

この記事へのトラックバック一覧です: 隣町の短歌:

« 拝む短歌 | トップページ | 洗顔の短歌 »