« 夏休み4 | トップページ | 099:勇(晴家渡) »

やっとこさ短歌

僕らしく歌を詠みたいでも思う僕らしさっていったい何か

定食の定義を語るじいちゃんの元気な姿思い出してる

誰よりも自分らしさを持っていた君は自分の重さで沈み

きっとまたいいことがあるいいことがあるから僕は今日も生きてる

わからないことだらけですわかってることだらけですそういうものだ

|

« 夏休み4 | トップページ | 099:勇(晴家渡) »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540419/22935832

この記事へのトラックバック一覧です: やっとこさ短歌:

« 夏休み4 | トップページ | 099:勇(晴家渡) »