« 隣町の短歌 | トップページ | 097:訴(晴家渡) »

洗顔の短歌

テンションが毎日少しずつあがりとても楽しい日を待ち受ける

言葉では伝えきれないことがある君と交わした最後の握手

正面を向いてむきあうことだけが僕のあしたの打開策です

氷水飲んで過ごした夏休みカルピスほどは甘くなれない

先陣を切って何かをすることにさほど興味がないこの頃で

|

« 隣町の短歌 | トップページ | 097:訴(晴家渡) »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540419/22773107

この記事へのトラックバック一覧です: 洗顔の短歌:

« 隣町の短歌 | トップページ | 097:訴(晴家渡) »